パスカルの原理ってなに?わかりやすく解説

パスカルの原理

パスカルの原理とはどんなものでしょうか?その定義がこちら。

パスカルの原理
密閉容器内に静止した流体は、容器の大きさや形に関係なくある一点に受けた圧力を全ての部分に伝える。これをパスカルの原理という。

液体や気体は自由に変形することができるので、内部に圧力差が生じれば、釣り合うまで移動をします。そしてその圧力は全ての点で同じになる、というのがパスカルの原理です。

パスカルの原理を考える上で理解しないといけないのが「流体」という概念です。

流体

流体とはどんなものなのでしょうか?

流体
流体とは気体や液体のように力を加えても自由に変形する物体のこと

平たく言えば、力を加えても自由に変形をしてしまう物体のことを流体と呼び、静止した流体にかかる圧力はどの点でも常に一定になります。

まとめ

パスカルの原理そのものを受験本番で聞かれることはまずありません。容器の中の流体の圧力は常に一定になることを覚えていればOKです。


公式LINEで随時質問も受け付けていますので、わからないことはいつでも聞いてくださいね!
公式LINEで質問する


熱力学についてさらに詳しく勉強したい方は、こちらのまとめ記事をぜひ参考に↓↓↓

【熱力学についてもっと詳しく学ぶ】
熱力学の要点まとめ【物理の偏差値を上げる方法】

物理の偏差値を伸ばしたい受験生必見

偏差値60以下の人。勉強法を見直すべきです。

僕は高校入学時は国公立大学すら目指せない実力でしたが、最終的に物理の偏差値を80近くまで伸ばし、京大模試で7位を取り、京都大学に合格しました。

しかし、これは順調に伸びたのではなく、あるコツを掴むことが出来たからです。

その一番のきっかけになったのを『力学の考え方』にまとめました。

力学の基本中の基本です。

色々な問題に応用が効きますし、今でも僕はこの考え方に沿って問題を解いています。

最強のセオリーです。

LINEで無料プレゼントしてます。

>>>詳しくはこちらをクリック<<<

もしくは、下記画像をクリック!

>>>力学の考え方を受け取る<<<


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です